お問い合わせ

【菊池】I様邸 経過(3)

こんにちは!
工務のイワネです。
今回は先日行われた
菊池 I様邸の上棟式の様子をお伝えします。

上棟式とは、建物の守護神と匠の神を祀って、棟上げまで工事が終了したことに感謝し
無事、建物が完成することを祈願する儀式です。

式では、魔よけのための幣束(へいそく)を鬼門に向けて立て、四隅の柱に酒や塩、米などをまき、天地四方の神を拝みます。
上にあるのは棟札(むなふだ、むねふだ)といいます。
建物の守護札とともに、建築の記録、記念として棟木、梁などの高所に付ける木札です。

棟梁と施主と
無事、棟上まで終わり
建物の骨格が出来上がりました。
これから屋根、壁、床、設備と肉付けがはじまります。
続きは追って報告いたします。
以上、工務のイワネでした。

« »