お問い合わせ

【光の森】H様邸〈ZERO-CUBE〉経過(13)

こんにちは。
工務のイワネです。
今回は【光の森】H様邸〈ZERO-CUBE〉経過をお送りします。

気密測定器
アイシネンの発泡ウレタン吹付け断熱による施工を終えて気密測定を行いました。
結果は....C値0.4でした!
気密測定とは住宅における隙間の量を計測する検査で、C値という隙間相当面積の単位で表されます。
今回の物件を例に出すと延床面積が145.73㎡に対し0.4という値は67㎠に相当します。
つまり家全体で約8㎝角(はがきサイズの約半分)の隙間があるということになり、優秀な結果と言えます。
測定は「JIS A2201 送風機による住宅等の気密性能試験方法」に準拠し
測定方法は上記の機械を使い建物内の空気を外に出して気圧の差、気温等を、
使い算出します。
結果から言うと正式に【気密住宅】と呼べる値です。

断熱材
アイシネンの発泡ウレタン吹付け断熱で隙間という隙間を埋めたのもこの結果に繋がったようです。
断熱材だけで暖かくなるわけではなく中の熱源の熱を逃がさなくするのが断熱材です。
隙間を少なくし建物の周りを囲うこと(高気密高断熱)で熱損失を抑えることで
エアコンの効き具合もよくなり、省エネにつながります。
今回のZERO-CUBEも【光の森】H様邸〈ZERO-CUBE〉経過のタグ付し
まとめていくのでご期待ください。
そのほかの現在進行中物件
【梶尾町】N様邸〈ZERO-CUBE〉経過
【明徳町】H様邸〈ZERO-CUBE〉経過
以上、工務のイワネでした。

« »