お問い合わせ

ゼロキューブの、冬を過ごすための工夫

こんにちは、営業のクロダです。
朝晩がめっきり冷え込み、気が付くと冬まっただ中となりました。
今の季節、朝から霧が出ていたり霜が降りていたり、嫌でも冬を実感します。
ゼロキューブは、そんな寒い冬を快適に過ごすために様々な工夫が施されています。
冬の住宅といえば、窓の結露が気になりますよね。結露は室内外の温度差によって発生し、ガラスやサッシから垂れた水分はサッシ内部や床を痛める原因にもなります。
ゼロキューブの窓は、複層ガラス(ペアガラス)+樹脂複合枠が標準仕様です。
複層ガラスは、2枚のガラスで空気を挟み込むことで、熱を伝達しにくい構造になっています。また、樹脂複合のサッシ枠も熱を伝達しにくい構造で、複層ガラスの効果と相まって結露の発生を防ぐ工夫がされています。

(複層ガラスは、外側のガラスと内側のガラスで魔法瓶と同様の構造になっています)
また、ゼロキューブは浴室も工夫されています。
浴室床の[ほっカラリ床]は水はけが良いため乾きやすく、表面の凹凸で冬の素足でも冷たく感じません。冬のお風呂のヒヤッを解消してくれます。

(ほっカラリ床は適度な弾力があり、水はけの良い凹凸ですぐ乾きます)
これからの季節は外を出歩くのも億劫になりがちです。買い物帰りでも暖を取りにモデルハウスへお立ち寄り下さい。
以上、営業のクロダでした。

« »