お問い合わせ

住宅ローンを選ぶポイント

こんにちは、営業のクロダです。
休みの日に熊本市内の知人を尋ねると、上通/下通アーケードでは新入生らしき学生を見かけました。
新入社員の皆さんは、先輩社員に連れられて取引先へ挨拶に廻られていることでしょう。
モデルハウスへは、銀行から異動や新入社員が挨拶にいらっしゃるようになりました。
さて、住宅ローンを選ぶ際に、何をポイントにしますか?
もちろん金利が安いことだけでも重要なポイントです。
しかし、住宅ローンは最長35年間も支払いが続くため、金利の安さだけで選んだ住宅ローンが必ず正解だとは限りません。
○金利(支払い)が安いこと
金利は住宅ローンを選ぶ際の重要なポイントです。0.1%の金利の差でも、35年間で支払う額は数十万円も違ってきます。
全期間固定金利(35年)で3,000万円のローンを組んだ場合、
 金利:1.75% 毎月返済額:95,573円 総返済額:40,140,660円
 金利:1.85% 毎月返済額:97,085円 総返済額:40,775,700円
 金利:+0.1% 毎月返済額:+1,512円 総返済額:+635,040円
と、35年間で約63万円の差があります。(手数料などは計算から除外しています)
三菱東京UFJ銀行を始めとするメガバンク、住信SBIネット銀行などのネットバンクの住宅ローン金利が最も低いです。
メガバンク系住宅ローンは、地方銀行よりも金利がずっと低く、
 三菱東京UFJ銀行(ずーっとうれしい金利コース):0.775% 
 住信SBIネット銀行(Mr.住宅ローン):0.650%
 肥後銀行(参考):1.325%
 熊本銀行(参考):1.325%
と1%を下回る住宅ローンも珍しくありません。
○出入金が便利なこと
毎月の住宅ローンのお支払いや、買い物などで現金を引き出す際に、銀行窓口に並ばずATMで済ませる方も多いと思います。また、最近は多くの金融機関がインターネット上で口座からお振り込みなどを行えるサービスを展開しています。
肥後銀行や熊本銀行など地場の地方銀行は、デパート・ショッピングモールにATMを設置していることも多く、またコンビニATMと提携して24時間出入金ができるものもあります。また住宅ローン利用者は「毎月○回までATM利用の手数料が無料」などの特典が付き、さらに便利に利用できます。
メガバンクは東京・関東圏を中心に店舗を出店しており、インターネット上で出入金が行えることから地方は都市部にのみ出店していることが多いようです。
○その他特典
出産予定・直後のローン利用者の金利が優遇される女性向け特典や、提携カードのポイント付与、学資ローンやカーローンの金利が優遇されるなど、各金融機関ごとで独自のサービスを展開しています。
快適な暮らしを求めて住宅を購入されるのですから、毎月の支払いや生活に不便が多くては、それこそ本末顛倒です。
金利の安さだけではなく、住宅ローン商品として色々と比較されてみてください。
(上通/下通アーケードでは、ビルの老朽化が問題になっているそうです)
以上、営業のクロダでした。
« »