お問い合わせ

境界のお話。

こんにちは!
営業のマエカワです。
週末にかけて、九州に台風が接近してきています。
他県では集中豪雨により、浸水被害や、川が氾濫し事故も起きています。
熊本も2年前の集中豪雨により多くの被害がでましたが、
今でも復旧に時間がかかっている場所もございます。
台風を止めることはできませんが、万が一に備えることはできます。
気象情報などはこまめにチェックし、あぶないと感じた時は早急に避難することが大切です!
今回の台風も被害が出ないことを祈るばかりです。
さて、昨日は8月6日。
昭和20年8月6日は、広島に原子爆弾が投下された日です。
多くの尊い命が犠牲となり、また今も爪痕をのこしています。
日本にとっては歴史に残る大きな出来事でした。
私も小学6年生の時に長崎へ、中学2年生で沖縄に修学旅行へ行きました。
戦争の悲惨な現実を学び、幼心に大変ショックを受けたことを思い出します。
犠牲になった方々、遺族の方々、戦場になった場所が
早く癒される日が参りますことをお祈り申し上げます。
本日は荒尾市で建築予定のお客様の土地契約に同席いたしました☆
無事、契約を終えることができ、だんだんと家創りが現実になってまいりました(^^♪
そこで、本日出たお話。
「土地の境界をはっきりさせておくことは大事だ!」ということです。
皆さんも見られたことがあるかと思いますが、境界を示すサインのようなものです。

このサインは、例えばAさんとBさんの土地が隣接していた場合、
図面上では分かれていても、実際はどこからどこまでが持ち主かが分かりません。
この境界のサインがあることで、AさんとBさんの土地の境界線がわかるのです。
このサインが無い場合、境界のフェンスを工事する時などトラブルになる可能性があります。
その為、土地家屋調査士の方にお願いし、隣家の方、接道している道が市町村の持ち物であれば
役所の方においでいただき、境界を決める作業を行います。
勿論、金額もかかってまいりますが、後々のトラブルを避けるためにも
きちんと境界を定め、お住まいになってからもご近所との良好な関係を保ちたいですよね(*_*)
お互いに気持ちよく暮らすためにも、もし境界が定まっていない場合は、
最初にスッキリとさせておくほうが良いと思います(●^o^●)
また、境界杭は、維持管理も大切です。
誤って取ってしまったり、老朽化が進み外れてしまうこともございます。
たまにはご自身の目できちんと有ることを確認されることをオススメします。
ご検討の土地で、境界の杭が見当たらないこともあるかと思いますが、
その際は是非お気軽にご相談くださいね☆

モデルハウスの屋上から撮影した一枚。
何だか雲行きが怪しいです・・・。
熊本地方は雷注意報も出ておりますので、皆さんお気を付け下さい!

ウェルカムボードを新しくしました!
いつもわたくしマエカワがお花を飾っていたのですが、
今回はアドバイザーのノセさんにお願いしました!
実はノセさん、フラワーアレンジメントの先生なんです☆★
さすが・・・御上手ですネ(^_-)-☆
これからはノセさんにお願いすることにします(笑)
ハイビスカスかわいいですね~☆「常夏」って感じです♪
今週末はお天気が崩れるようですが、沢山のご来場お待ちしてます!
以上、営業のマエカワでした。

« »