お問い合わせ

職人技!

こんにちは!
工務のテラモトです!

今日は補修について書こうと思います。
工事中、養生して傷を防ごうとしても、傷が入っている場合があります。
勿論、取り換えが可能な場合は取り換えを行うのですが、不可能な箇所に傷が入ることがあります。
そういう時に、補修を行います。
店舗の解体工事最中、看板を取り外す際、接着剤と一緒に壁の表面が剥げてしまいました。
凹凸が出来ている箇所に専用のパテを塗り、やすりで擦るという作業を何度も行います。
表面を平らにします。この作業が一番重要な作業かもしれません。
(透明なパテを使用しているので写真では分かりづらいかもしれません)
平らになったら、どんどん着色していきます。
色も様々なので、少しずつ違う色を使い分けながら着色を行います。
着色さえ終わってしまえば、完了です。養生を剥がしてしまえばどこを補修したのか分かりません。
この職人技には感心させられるばっかりです。
大切にしている家具などに穴が開いていしまったなど、傷などでお困りの際は是非おっしゃってください!
有償で、多少高めではありますが、穴の大きさや家具の質にもよりますが、殆ど分からなくなります。
以上、職人技の紹介でした!
« »