お問い合わせ

建て方前に土台敷!

こんにちは!工務のテラモトです。
最近、とても日中でも冷え込んでいますね。
現場では朝から職人さん達が電気ヒーターで暖をとっていました。
冬の現場には必需品かもしれませんね。
さて、新山造成地の2区画 N様邸 T様邸の建て方が行われました!
その前に、建て方の前の工程、土台敷の紹介をしていきます。
土台敷

土台を敷き始める前に土台の位置を決めていきます。

土台の下にはしっかりと気密パッキンと通気パッキンが取付されています。
この時に鋼製束と呼ばれる高さ調節機能が付いたモノで水平にしていきます。


土台の間にはスタイロフォームと呼ばれる断熱材を敷きこみます。
そんな職人さん達の作業を見て小学生が足を止めて見ていました。

すげー!やかっこいい!など言っていて凄くほっこりさせられました。



その後、床合板を張り、汚れ防止のフィルムを張り土台敷の完了です。

建築法規で定められている釘と釘との距離などもれが無いかなど確認も行います。

一日でこの作業を終えてしまう職人さんの力は改めて感動しました。
次回、いよいよ建て方の作業を紹介していきます。
以上工務のテラモトでした!
« »