お問い合わせ

地震のこと

こんにちは!!
営業のタバタです。
前回のブログを書いたその夜。
菊池の本社に待機して夜の巡視活動に参加していました。
前日からの余震で睡眠不足だったのも影響してか、
深夜1時過ぎに当直の6名が仮眠を取っていました。
するとそこにあの凄まじい本震が襲ってきました。
あきらかに前回を越える揺れだという事を自覚しながら、
車に乗り込み担当区域である菊池川の巡視に向かいました。
スタート地点でもある地鎮祭でもお世話になっている北宮神社前。
何気なく目をやると鳥居が崩れてなくなっているのを見ました。
その事実をみて、今回の被害の大きさを想像することが出来ました。

       (後日撮影)
そのあとの巡視は、家にいる家族の心配と、
これからどうなるかという不安と恐怖でかなり動揺していました。
そして、昨日今日とお客様と連絡を取ったり、
現況確認で訪問したりしていました。
2回目の本震で給湯器が倒れたり、壁紙の亀裂が広範囲に広がるなど、
被害が増えて来ましたが、安全に直結するものはなかったので、ひとまず安心しました。
同じように地震に怯えてはいても、水道も電気も使用出来る環境だと、
通常に近い生活を送ることが出来ます。
水と電気どちらも止まった状態になると、
日常生活が送れなくなり、避難所生活を余儀なくされます。
そして同じ被災者でも天と地の差がある事を目の当たりに感じます。
土地を探す事から家づくりのお手伝いをスタートさせるので、
お客様がリスク回避出来るように、しっかりとマイホーム計画を進めていきます。
営業のタバタでした。[#IMAGE|S40#]

« »